地デジが映らない時のチェックポイント

地デジが映らない時のチェックポイント

テレビを購入しても地デジが映らない!?
そんな時のチェックポイントをご紹介します。

1・B-CASカードは正しく挿入されているか?
2・チャンネル設定は正しく行われているか?
3・アンテナ線の接続箇所は正しいか?
4・電波の強さは適正値であるか?

 

詳しく解説

1・B-CASカード
B-CASカードは各テレビに対して1枚必ずセットで付いてきます。
B-CASカードはテレビに挿入する箇所がありますので、必ず入れて下さい。
また、入れる向きや表裏もありますので、説明書をよく見て正しく挿入しましょう。

 

2・チャンネル設定
B-CASカードを入れても地デジのチャンネル設定をしないと映りません。
各都道府県で設定が異なりますので、引越し等で違う県に移動した場合も設定し直しが必要です。
設定の仕方は各テレビメーカーによって異なりますが、大体メニュー画面のチャンネル設定の項にあります。
都道府県のを入力してあとは自動で設定してくれます。
この時に正しく取得できなかったチャンネルがある場合は電波になんらかの問題がある可能性があります。

 

3・アンテナ線の接続箇所
テレビの裏面にアンテナ線を接続する箇所があるのですが、よくある間違いとして
地デジの入力とBSの入力を間違えるケースがあります。
ちょっと前のテレビですと、地デジと地アナ(アナログ放送)が別々の入力になってる物もあります。
地デジの入力に必ずアンテナ線を接続して下さい。

 

4・電波の強さ
1~3まですべてOKでも地デジが映らなかったりブロックノイズが発生する場合は、
受信電波が弱い可能性があります。電波の強さを見る機能がほとんどのテレビに付いていますので
メニューから探して電波の強さを見てみましょう。説明書に適正の数値が書いてあります。
適正数値よりも明らかに低い場合は、電波を強くしてあげないといけません。
ブースターがない場合は、ブースターの設置、ある場合は配線等になにかしらの問題が発生しているかもしれません。
アンテナ受信の場合はアンテナを購入した電気屋さんに、
ケーブルテレビや光テレビ等の場合は各事業者に連絡して見てもらいましょう。

 

参考→地デジが映らない主な原因と対策


ページトップへ