外部入力とは

外部入力とは

テレビにある外部入力についての解説です。

 

テレビには、外部機器の映像を映し出す為の入力端子がいくつかあります。

 

外部機器との接続方法は、

 

ピンコード(赤・白・黄)の三本線

D端子

HDMI端子

S端子

 

大きく分けてこの4種類あります。

 

映像の良さで比較すると HDMI>D端子>S端子>ピンコード

 

概ねで比較すると上記の様な順になります。

 

D端子はD1~D5と規格があり、D5が最上級の位置付けになります。

 

ハイビジョン画質はD3~D5が対応しており、デジタル放送を視聴するので適しております。

 

D端子は映像端子の為音声はピンコードで接続する事になります。

 

現在の主流なのはHDMI端子です。

 

HDMIは一本の線で映像と音声を送受信出来る為、見た目もスッキリします。

 

HDMIはハイビジョンに対応は勿論の事、D端子はアナログ信号を送るのに対して

 

HDMIはデジタル信号なので、最高の画質を送る事が出来ます。

 

また、テレビと外部機器のメーカーが同一であれば、リンク機能を使える様になります。

 

もっとも有名なのはシャープのアクオスのファミリンクでしょうか。

 

テレビでレコーダーをHDMIで接続する事により、テレビのリモコンから録画予約が出来たりと色々と便利になります。

 

テレビの外部入力には、レコーダー、ゲーム機器、ビデオカメラ、パソコン等様々な機器を接続出来る様になっております。

 

 

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ページトップへ