液晶テレビの配線接続方法

液晶テレビの配線接続方法

テレビ配線の簡単な接続手順を書きます。

 

まず、テレビ配線の大元は部屋の壁面にあるテレビ端子です。

 

100Vの電源コンセントの近くにあると思います。

 

例外として、テレビ配線が露出で部屋の中に配線してある家もあります。

 

系統としましては、

 

テレビ端子→テレビの順に同軸ケーブルが接続されます。

 

レコーダーを繋ぐ場合は、

 

テレビ端子→レコーダー→液晶テレビ この順番です。

 

テレビ端子から2分配器を使ってレコーダーとテレビにそれぞれ配線を分けて接続する方法もあります。

 

↓の図は最も一般的な接続方法である、テレビ端子→レコーダー→液晶テレビの順に繋いだ物です。

テレビ配線接続図

 

この場合、液晶テレビの外部入力接続にHDMIケーブルを使用しています。

HDMIケーブル

 

HDMIケーブルは映像と音声の信号を一本の線で送る事が出来る為、見た目がスッキリするので個人的にオススメです。

 

HDMIは勿論フルハイビジョン対応の接続ですし、シャープのアクオスファミリンクの様な機能を使う場合に必要となります。

 

同軸ケーブルを分配器を使って、レコーダーとテレビにそれぞれ接続する方法は、特にメリットがない為ここでは割合します。

 

2分配器を使う事でテレビの電波は4dB(デシベル)下がってしまう為、個人的にはオススメしません。

 

現状のテレビ端子に来てる電波が弱い場合、分配器をさらに付けて配線すると

 

ブロックノイズの原因になったり、あるいは地デジが映らなくなってしまう場合もあります。

 

 

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ページトップへ