テレビとレコーダーのメーカーは合わせるべきか?

テレビとレコーダーのメーカーは合わせるべきか?

テレビ本体とレコーダーのメーカーを合わせるかどうかという事を購入する際に悩む人も多いかと思います。

個人的には合わせた方が良いと思っています。

その理由は後で書きますが、実際どれぐらいの人が合わせて使っているのでしょうか?

『地デジに関するアンケートレポート』プレスリリースいたしました

2011年4月の調査結果ですが。

ここにある質問3
【あなたが所有しているテレビ・レコーダー(録画機)のメーカーを教えてください。】では
テレビ、レコーダーとも、同じメーカーを使っている割合が5-7割と高くなっていました。

となっています。
半数以上の方がテレビとレコーダーを同じメーカーにしているようですね。

テレビとレコーダーのメーカーをなぜ合わせるべきか?

個人的には合わせた方が良いと先程いいましたが、主な理由は以下の通りです。

・何かしらのトラブルが発生した場合に、一つのメーカーに調査依頼をするだけでよい。
・リモコンが一つでよくなる。
・リンク機能によって録画もより快適に行なえる。
・純正同士ならではの、高画質な録画が保障される。

まあこの辺はよくある主なメリットという所ですが、最も重要なのは辺な機械的トラブルを避ける為だと思います。
実際のいくつのか、怪奇なトラブルを目の当りにしています。

例えばCATVに加入していて、テレビ、レコーダー、CATVチューナーともにメーカー別々で
レコーダーのDVDを再生すると、入力切替でCATVにすると「変な横線が画面いっぱいに出てきて音声しか出てこない」
なんてこともありました。

これのやっかいな部分は、レコーダーのDVD再生をするとってのがポイントみたいで、入力切替で一旦CATVにして
またレコーダーに戻してみると、今後はそっちも同じく横線が入ってしまって見れなくなってしまいました。

時間が経つと元に戻るみたいですが、こういった変なトラブルはメーカー違いから来てる可能性は非常に高いです。

まだ他にも色々と事例はありますが、ここでは割合します。

参考までに→『テレビと同じメーカーのレコーダーを買うメリットは?』のクチコミ掲示板

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ページトップへ